スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OUTBACK ロードトリップ ウルル編

Category : 旅行
IMG_2574.jpg


豪穴ファミリー、久しぶりにロードトリップしてきました。

今回のアドベンチャーはオーストラリアの内陸部(Outback)

目指すはノーザンテリトリー州のウルル(Urulu)!

英語名はエアーズロック(Ayers Rock)。

この頃は先住民アボリジニ名であるウルルと呼ぶ方が正しいようです。


ウルルまで家から2,400km以上、これは日本横断ほどの距離になります。

行きは一気にウルルを目指すために、一日7〜8時間運転し

アデレード(Adelaide)とクーバーピディ(Coober Pedy)のキャラバンパークで車中2泊

IMG_2387.jpg
マツダボンゴフレンディ 
食う、寝る、走る!優れもの
日本に滞在していた時に大活躍してくれた車、個人輸入された物をネットで見つけ、オーストラリアでも再び所有出来る事に。この車抜きでこのビンボーデラックス旅は有り得ない。

IMG_2273.jpg
キャラバンパークはキャンプキッチンもシャワーもランドリーも充実

IMG_2276.jpg
寝床はバックシートをフルフラットにして、
ポップアップトップでこの上に大人二人が泊まれるスペースが出来ます。

IMG_2281.jpg
朝食もロードサイドで簡単に。


土が褐色に変ると時速標識は130kmになり、更に走り抜ける。

道はひたすら真っ直ぐ。

そして、見渡す限り背の低い植物が点々としている平地

ガソリンスタンドは約200km〜300km毎にあり、念のためガソリンは常に補充しておく。


IMG_2265.jpg

一日に2回も3回も給油!

ロードトリップもなかなかお金がかかる。

3日目、アデレードとダーウィンを上下に横断するSTUART HWY (A87)

ちょうどその真ん中辺りErldundaを左に曲がりLASSETER HWYを更に進むと

あれか!と思わせる大きな山が見え出した。

これは『マウントコナー』Mount Conner

IMG_2285.jpg

これもウルル同様の巨大な一枚岩の山、テーブルのように上部は真っ平ら

最初はこれがウルルかと思うほどのダイナミックな姿です。

それにしてもウルルって…ここよりもっとスゴイって事…?

期待は募るばかり。

そしてそこから100km、遂にウルルが現れた。



IMG_2291.jpg


写真や映像で見たままの本物の本物の実物が今、目の前にある。

オレンジ色に輝く巨大岩!

アメージング!

感動を言葉にするのが陳腐に感じるほど

感動は、完全に言葉を超えて体全身に響いている。

超越した大自然の魅力に完全にハマった。

このエリアはウルル・カタジュタ国立公園といい、

ウルルとカタジュタ(英語名/オルガ)の麓へ行くには入場料が必要です。
3日間パス 大人$25.00(子供フリー)

まずはウルルの周りをドライブし、麓のビジターセンターへ。

文化や歴史などの展示物そしてアボリジニアートのショップがあります。


それからMalaという駐車場車を止めると

沢山の人が登頂をして居るのが目に入りました。

IMG_2293.jpg

かなりの急斜面で地面も滑りやすそう。

一目で危険な事だと察します。

IMG_2358.jpg

これは登り口にある看板に書いてある注意書きです。

ウルルへの登頂はここでは大変な問題です。

私と長男君、本当は登りたかった!

『ここまで来たんだから、登って愛を叫びたい…』(笑)
(あの有名な『世か中』というドラマではウルルではなくキングスキャニオンでしたが…)

でもやはり、先住民の言葉と願いは心に重く響き。

私達は彼らの文化を尊敬するべきであり、やって欲しくない行為はするべきではない。

と考えを改め登頂はやめることにしました。

その代わり、いろいろな事を考えながらの周回のウォーキングをしました。

IMG_2320.jpg

IMG_2340.jpg

IMG_2334.jpg

ここでも写真撮影禁止の場所が幾つもありました。

3時間以上、大自然の作る岩肌のアートを堪能しました。



人ってそれぞれですね…

大勢の人が今日もウルルに登っています。

悲しい気分です。




サンセットスポットがあり、夕暮れの時間は岩が色を変えて行く
ウルルのショータイム

『スゴイね、スゴイね…。』
やっぱりここでも言葉で表現出来ない感動が。

目に頭にこの景色を瞬間を全て記憶したくて…

IMG_2297.jpg



あ〜〜〜神様ありがとう。私はとっても幸せです。









////////////////////////////////


コメントは一番上の左端にある

オレンジタブのしたの[CM]をクリックしていただくと

コメント欄へ行きます。

ひと言残していただけると、励みになります。

よろしくお願いします。


//////////////////////////////////





スポンサーサイト

Sydonyでガールズブラボー!(Sculpture by the sea )

Category : 旅行
IMG_3440.jpg



そして3日目

もともと、なぜシドニーが旅行先になったかというと

Sculpture by the sea ←Click (ビーチで彫刻)という

野外彫刻のエキシビションを観に行くのが旅の最初の目的でした。

私には初耳でしたが、このエキシビションはすでに今回が16回目だそうです。

2012年10月18日〜11月4日
アップがおくれて既に終了してしまいましたが…。

IMG_3459.jpg

Bondi BeachからTamarama Bayへの海岸ぞいのウォーキングトラックに

ありとあらゆるオブジェが展示されています。

IMG_3400.jpg
IMG_3456.jpg
IMG_3460.jpg
IMG_3468.jpg
IMG_3403.jpg

会場自体が自然のアートでもあり、そのコラボがまた凄いアートになっているというわけです。

大規模なエキシビションにもかかわらず、 無料で市民や観光客に 開放され、

シドニーの文化レベルが高さ感じずにはいられない。

さすが観光都市シドニー、やることがカッコいい!

IMG_3442.jpg
Keizo Ushio
IMG_3450.jpg
Haruyuki Uchida

世界中のアーティストとともに日本人アーティストの作品も多数展示されていました。

IMG_3433.jpg

これはアート?何だろうね?と見ていた電線のように張られている紐、なんだと思いますか?

IMG_3430.jpg

柱に書かれてる文字を読んでみると…

日本の東北での津波の高さを表すオブジェでした。

息をのむほどの津波の高さをリアルに感じ、絶望意外何も感じる事は出来ませんでした。

自然に人間は絶対に勝てないのだと…。


そんな作品を含め200作品以上、時間をかけてゆっくりと見て歩き回り

充実感たっぷりなひと時を過ごすことができました。


PS/ パラパラとプログラムを見ていると、
『Sculpture food and wine tours』Japan Kyoto, Naoshima, Hakone November 2013
来年日本でも同様のイベントがありそうですね。



IMG_3394.jpg

そして、 ひと休みは『Icebergs DINING AND BAR』。←Click

ここからの眺めるボンダイビーチ!ファビュラスです。

こちらBondi Icebergs Club←Click という伝統あるスイミングクラブの建物にあります。

このクラブには、海と同レベルにある海水50Mプールがあり、

ボンダイのアイコン的存在でもあります。

一般も利用出来るので次回は泳ぎを……(笑)。




最後のペントハウスの夜。

せっかくだもん、この贅沢な空間で今晩はガールズパーティ!

なにもかも楽しくて贅沢なこの旅の大成功を祝って乾杯!

IMG_3476.jpg
すばらしいオーガナイザーのAnna

IMG_3478.jpg
Cheer!




この旅の間、私の頭の中は大好きだったレベッカの曲がリフレイン


ガールズブラボー!じっとしてられない
ガールズブラボー!ちょっとだけあぶないこと知りたいの…
ガールズブラボー!やりたいことばかり
ガールズブラボー!いつだって輝くこと知りたいの…



すごい大人になっちゃってるけどハートは永遠にガールズブラボー!

Thanks girls!

IMG_3489.jpg



そして

お留守番ありがとう。ダディとボーイス。Love you guys.


今回でシドニー3度目にして、ようやく本当のシドニーのよさを沢山知った気がする。

まだまだ足りない、もっと知りたい… I love Sydney!



そして増々思うのは、いい国だなオーストラリア!










////////////////////////////////


コメントは一番上の左端にある

オレンジタブのしたの[CM]をクリックしていただくと

コメント欄へ行きます。

ひと言残していただけると、励みになります。

よろしくお願いします。


//////////////////////////////////

Sydneyでガールズブラボー! -Quay Restaurant-

Category : 旅行
二日目

この日は生憎の空模様、しかも風も強く結構寒い。

せっかくのペントハウスからの景色もどんよりと…

こんな日はのんびりスタート。

アパートのプールでリフレッシュしてから

Oxford Streetへ繰り出してのウィンドーショッピング。

オフストリートにもおしゃれなお店がならび、グルービーなシドニーを感じる。

もちろん私とEmmaはアウェイでのOPショップのチェックもかかさず…。

               

そして、この日はEmmaの誕生日。

そのお祝いにと選んだレストランが『QUAY』←Click

サーキュラーキーのロックス地区にあります。

この旅行を決めた四ヶ月前から予約をして楽しみにしていました。


art-quay-620x349.jpg
                               写真はお借りしたものです。

Master CheffというAusのTV番組で有名なPeter Gillmorというセレブレティシャフのレストラン。

時のレストランという事でミーハーですがやはりフードグルな私達はMust Go!です。

そして時にはおしゃれをして、自分のステージより高い場所へでかける

その背伸びした緊張感もたまらなく好きだ。

この夜もそんな最高に高揚した気分の夜でした。



IMG_3369.jpg

『Happy Bithday Emma!』のコールで乾杯し

皆、ここにいることの幸せとこれから始まる夜に期待はつのるばかり

窓の外のライトアップされたハーバーブリッジ、オペラハウス。

クルーズシップが行き交うサーキュラーキーの賑やかな夜景は

まさに国際観光都市シドニーならではの景色

皆、このシュチュエーションにとけてしまいそうでした。

20091011_225.jpg
            写真はお借りしたものです。


私達は4品目のコース($165)を選びました。

one
IMG_3372.jpg

Sashimi of Corner Inlet rock flathead, Tasmanian trumpeter, salt cured wild oyster cream,
black lipped abalone, raw sea cabbage, nasturtiums, warrigals, periwinkles


Congee of Northern Australian mud crab, fresh palm heart, egg yolk emulsion

Fragrant poached chicken, shaved sea scallops, Chinese artichokes, silk noodles,
smoked white eggplant cream, Korean virgin black sesame oil, wasabi flowers

Salad of preserved wild cherries, albino and chioggia beetroots,
Treviso, crème fraiche, black truffle, violets

Two
IMG_3376.jpg

Smoked and confit pig cheek, shiitake, scallop, Jerusalem artichoke leaves, juniper, bay

Roasted partridge breast, steamed truffle brioche, confit egg yolk, fumet of Vin Jaune, white walnuts,

Gentle braise prawns, octopus, diamond shell clams, heirloom radishes, pink turnips,
baby squid, sea urchin


Young garden peas, truffle infused milk curd, jamon and oloroso consommé

Gently poached southern rock lobster, hand caught Tasmanian squid, golden tapioca, lobster velvet

Three
IMG_3381.jpg

Hapuka poached in crème fraîche, Tasmanian pink flesh potatoes, tender almonds,
scorched beet leaves

Wild hare, bitter chocolate, morel, black pudding crumbs, ice plant

Berkshire pig jowl, maltose crackling, prunes, cauliflower cream, perfumed with prune kernel oil

Milk fed lamb slow braised in cumin scented butter, globe artichoke and white lentil leaves,
parsnip cream, pea blossoms


Shiitake, chestnut and nameko mushrooms, aged gouda custard, root vegetables, hazelnuts

Four
IMG_3382.jpg

Andalucia citrus and almonds
Jersey cream, salted caramel, prunes, walnuts, ethereal sheets

Quay's Eight texture chocolate cake

Jackfruit snow egg

A selection of cheese, raisin and walnut sourdough




選んだ料理は全て素材を生かしたシンプルな感じ、4品とも盛りが小さくお上品。

お味も繊細で美味しいのですが、

フルコースではなかったからか?どこか物足りなさ感があったのは確かです。

しかし、

デザートのピーター・ギルモアの代表作スノーエッグは別格でした。

ゴアナパパ『QUAY』きっと好きだと思う。いつか一緒にね。


この体験を大好きなガールズとシェアできたことはお会計とともに

大人の贅沢ともいうのでしょうか、そんな雰囲気も堪能し

一生の想い出になる事でしょう。







さ!ガールズ!これから踊りに行く?

………………。


………………。


あれ?

みんな、お疲れ?

あら、残念。

ここからは私がリサーチしたホットな所へ行こうと…思ってたのに…。



雨と風ボーボーのシドニー月曜日の夜、

どうやらグラブ日和ではなかったらしい。





////////////////////////////////


コメントは一番上の左端にある

オレンジタブのしたの[CM]をクリックしていただくと

コメント欄へ行きます。

ひと言残していただけると、励みになります。

よろしくお願いします。


//////////////////////////////////




Sydneyでガールズブラボー! (初日編)

Category : 旅行
IMG_3488.jpg


ママ友6人とシドニーへ行ってきました。

もちろん理解ある優しいオージー旦那のバックアップがあってのこと!

なかなか日本では考えられないような大胆な計画も彼女達は何に臆する事無く決行してしまう。

私みたいにちょっとは家族に後ろめたさを感じるような気分はあるのだろうか?

ともあれ家族にそしてガールズに大感謝です。



せっかくシドニーまで飛行機で行くのだから3泊ぐらいしないと…。と

全てお膳立てされた今回の旅行は完全フォロアーの私。

彼女達の気合いは半端ではありません!!

予想される事態を踏まえて、半年近くバイトのお金でへそくりし資金もこっそりと貯めていたけど、

これでいったい足りるのであろうか…。



まず、最初にビックリしたのが宿泊先。

Meriton Service apartment Bondi Junction←Click


3ベッドルーム、ルーフトップ、ハーバービュウのペントハウス!

入った瞬間『 OH  MY  GOD !!!!!!!!!! 』 

テイストのいいインテリアと広いLDK、トータルフロアサイズは300㎡。広過ぎる…

IMG_3296.jpg

そしてシドニーを一望できるのではないか…ぐらいのすごい景色が全面ガラス窓ごしに広がる。

オペラハウスもハーバーブリッジも、

入り組んだ入り江にでこぼこと起伏のある地形に海と川と緑と

赤っぽいレンガの建物が並び… 地図を広げたように地形がよくわかる。

ベランダに立つと鳥になったみたい。


本当はいったい幾らで泊まれるのだろうか…

私達は友達のスーパーコネクションの恩恵で微々たる分しか払っていない。




アパートの下はバスターミナル。どこへもアクセスがとても便利なうえ

Westfield shopping centerが目の前、食材もお酒も簡単に調達できます。



さっそくバスでサーフィンで有名なボンダイビーチへ

日曜日だったのでマーケットがやっていた。

IMG_3280.jpg

ファッション系のマーケットで洋服やアクセサリー、インテリア小物などがメイン

田舎者の私達には目の保養にピッタリ!

とくにヴィンテージ系が多いのがシドニーらしいのかもしれない。


IMG_3285.jpg

それからちょっと冷たい海に飛び込み、

ビーチ前のカフェの2階でガールズトリップを祝して乾杯!


IMG_3289.jpg

ガールズよ!あなた達は本当にステキ過ぎます。



初日の夜のお楽しみはベトナム料理で有名な

『Red Lantern』←Clickでのディナー。

TV番組や本を出したりオーストラリアでは有名なセレブレティシェフLuke Nguyenのレストラン。

IMG_3310.jpg

IMG_3312.jpg


IMG_3318.jpg

どれもフレッシュで味のバランスのいい丁寧な料理の数々に一同大満足のディナー

特にソース類の味よく、生春巻きのタマリンド入りのソースなんかは絶品です。

テイスティングメニュー全12品目の料理をお腹いっぱい味わってきました。

これまでベトナム料理は庶民的なお店でフォーと生春巻きぐらいしか食べていませんでしたが

高級でおしゃれなべトナム料理、完全に魅了されました。

しかも、これで一人$80(約¥6,400)とは本当に嬉しいスーパーバリュー

シドニーまで来て期待を裏切られなくて本当によかった!

さらにLuke Nguyenの大ファンになることまちがい無し。

シドニー在住者がマジ羨ましい!



まだまだ続く旅行記、おひまでしたらまた次回も覗きに来てみてくださいね。










////////////////////////////////


コメントは一番上の左端にある

オレンジタブのしたの[CM]をクリックしていただくと

コメント欄へ行きます。

ひと言残していただけると、励みになります。

よろしくお願いします。


//////////////////////////////////













Gold Coastでキャッチアップ

Category : 旅行
またまたスクールホリデーでした。

ほんと、こちらの学校休みが多い。




ここ3年間、この時期は日本の友人との『地球のどこかでキャッチアップ旅行』。

ポートダグラス(Aus)、ペナン島(Malaysia)に続いて

今年は私達にはお手軽なゴールドコースト(Aus)ということになりました。


IMG_0302.jpg


今年2度目のゴールドコースト!

しかも今回の旅、ゴアナ全ファミリーを含めた総勢13名という大所帯。

ホリデーというよりは合宿!

IMG_0378.jpg



ホリデーアパートメント泊なので飯炊き要員として大忙しな毎日。

それでも、東海岸の暖かい気候とどこまでも青い海と白い砂浜は贅沢気分を味あわせてくれるし

リラックス感満点!

IMG_0323.jpg


なにより、子供達は朝から晩までプール三昧、ビーチで戯れ、

いっぱいいっぱいに遊んで爆睡してくれるから手もかからない。

IMG_3213.jpg


Viva ホリデー!




今回のビンボーデラックス旅は

1、LCCの格安航空会社のバーゲンチケットでの往復

2、3BRを2家族づつでシェア

3、ほとんど自炊でオーストラリアの高い不味い外食をできるだけカット!

4、レンタカーは全家族でシェア


こうして私達らしく節約して、シーワールドへ行ったり。


IMG_0349.jpg
イルカショーに大感動!

IMG_0338.jpg
海洋学習として触ったり、水中触れ合い体験もできます。

IMG_0360.jpg
大ヒットはこのウォーターピストル船での最高の水遊び



ショッピングしたり、ドライブしたり、カフェでお茶したり

毎晩のプティパーティを大好きな人達と楽しんだり、

気分はデラックスな心地いい時間を満喫し。



また来年のために働くぞ〜〜〜〜とリフレッシュした友人と

次回はどこでキャッチアップできるかな?とまた来年を楽しみにしてる!



この頃はちょっと寂れ感もあるサーファーズパラダイスも

ブロードビーチサイドなら落ち着いた滞在型にはおすすめです。


ちなみに今回滞在したSurfers beach holiday apartmentは←こちらをClick


受付のミッシェルとディーンはとても感じのいいカップルですよ。





////////////////////////////////


コメントは一番上の左端にある

オレンジタブのしたの[CM]をクリックしていただくと

コメント欄へ行きます。

ひと言残していただけると、励みになります。

よろしくお願いします。


//////////////////////////////////





プロフィール

goanna mama

Author:goanna mama
心豊かな生活を目指して
Aussie Life 修行中
宝物は家族と友達。
今日もバタバタ
がんばってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ翻訳
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。