スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OUTBACK ロードトリップ ウルル編

Category : 旅行
IMG_2574.jpg


豪穴ファミリー、久しぶりにロードトリップしてきました。

今回のアドベンチャーはオーストラリアの内陸部(Outback)

目指すはノーザンテリトリー州のウルル(Urulu)!

英語名はエアーズロック(Ayers Rock)。

この頃は先住民アボリジニ名であるウルルと呼ぶ方が正しいようです。


ウルルまで家から2,400km以上、これは日本横断ほどの距離になります。

行きは一気にウルルを目指すために、一日7〜8時間運転し

アデレード(Adelaide)とクーバーピディ(Coober Pedy)のキャラバンパークで車中2泊

IMG_2387.jpg
マツダボンゴフレンディ 
食う、寝る、走る!優れもの
日本に滞在していた時に大活躍してくれた車、個人輸入された物をネットで見つけ、オーストラリアでも再び所有出来る事に。この車抜きでこのビンボーデラックス旅は有り得ない。

IMG_2273.jpg
キャラバンパークはキャンプキッチンもシャワーもランドリーも充実

IMG_2276.jpg
寝床はバックシートをフルフラットにして、
ポップアップトップでこの上に大人二人が泊まれるスペースが出来ます。

IMG_2281.jpg
朝食もロードサイドで簡単に。


土が褐色に変ると時速標識は130kmになり、更に走り抜ける。

道はひたすら真っ直ぐ。

そして、見渡す限り背の低い植物が点々としている平地

ガソリンスタンドは約200km〜300km毎にあり、念のためガソリンは常に補充しておく。


IMG_2265.jpg

一日に2回も3回も給油!

ロードトリップもなかなかお金がかかる。

3日目、アデレードとダーウィンを上下に横断するSTUART HWY (A87)

ちょうどその真ん中辺りErldundaを左に曲がりLASSETER HWYを更に進むと

あれか!と思わせる大きな山が見え出した。

これは『マウントコナー』Mount Conner

IMG_2285.jpg

これもウルル同様の巨大な一枚岩の山、テーブルのように上部は真っ平ら

最初はこれがウルルかと思うほどのダイナミックな姿です。

それにしてもウルルって…ここよりもっとスゴイって事…?

期待は募るばかり。

そしてそこから100km、遂にウルルが現れた。



IMG_2291.jpg


写真や映像で見たままの本物の本物の実物が今、目の前にある。

オレンジ色に輝く巨大岩!

アメージング!

感動を言葉にするのが陳腐に感じるほど

感動は、完全に言葉を超えて体全身に響いている。

超越した大自然の魅力に完全にハマった。

このエリアはウルル・カタジュタ国立公園といい、

ウルルとカタジュタ(英語名/オルガ)の麓へ行くには入場料が必要です。
3日間パス 大人$25.00(子供フリー)

まずはウルルの周りをドライブし、麓のビジターセンターへ。

文化や歴史などの展示物そしてアボリジニアートのショップがあります。


それからMalaという駐車場車を止めると

沢山の人が登頂をして居るのが目に入りました。

IMG_2293.jpg

かなりの急斜面で地面も滑りやすそう。

一目で危険な事だと察します。

IMG_2358.jpg

これは登り口にある看板に書いてある注意書きです。

ウルルへの登頂はここでは大変な問題です。

私と長男君、本当は登りたかった!

『ここまで来たんだから、登って愛を叫びたい…』(笑)
(あの有名な『世か中』というドラマではウルルではなくキングスキャニオンでしたが…)

でもやはり、先住民の言葉と願いは心に重く響き。

私達は彼らの文化を尊敬するべきであり、やって欲しくない行為はするべきではない。

と考えを改め登頂はやめることにしました。

その代わり、いろいろな事を考えながらの周回のウォーキングをしました。

IMG_2320.jpg

IMG_2340.jpg

IMG_2334.jpg

ここでも写真撮影禁止の場所が幾つもありました。

3時間以上、大自然の作る岩肌のアートを堪能しました。



人ってそれぞれですね…

大勢の人が今日もウルルに登っています。

悲しい気分です。




サンセットスポットがあり、夕暮れの時間は岩が色を変えて行く
ウルルのショータイム

『スゴイね、スゴイね…。』
やっぱりここでも言葉で表現出来ない感動が。

目に頭にこの景色を瞬間を全て記憶したくて…

IMG_2297.jpg



あ〜〜〜神様ありがとう。私はとっても幸せです。









////////////////////////////////


コメントは一番上の左端にある

オレンジタブのしたの[CM]をクリックしていただくと

コメント欄へ行きます。

ひと言残していただけると、励みになります。

よろしくお願いします。


//////////////////////////////////





スポンサーサイト

Comment

No title

良いですね~!!
一度は行ってみたい!!

ウルル登り口の注意書きを読みたいのですが、拡大しても読めない・・・老眼か???
出来ればもっと大きい写真で見たいな~ヨロシクです。。。

久しぶりのコメントです。
行ってみたいウルル。登れるものではないんですね。知らなかったです。まだまだ何も知らないオーストラリア。壮大。写真集な世界。色。距離。車の後ろで寝る旅行、楽しいんですよね。ウルル辺りも冬はさすがに寒いですか?家族旅行いいですね。幸せ伝わってきますー。

No title

一番下のちび助がもうちょっとしたら絶対に行かなきゃ♪
ボンゴ借りようかな?
とっても素敵ファミリーにいつも嫉妬しておりますよ!!
最後のあ〜神様!!分かるな〜。。
大自然に感動すると出ちゃう言葉だよね?
真っ赤っかな写真、ほんとポストカードみたいだね!

No title

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

Re: No title

履歴書バイブル様
すっかりブログから離れてしまってますが、こういうメッセージをいただけるとまた書きたくなってしまいました。ありがとうございました。

ドキドキしながら書き込みしてます!

只今、私初体験中(笑)
こうやってコメントするの初めてなんですよ(≧∇≦)キャー♪

一種の告白みたいで照れますが…
goanna mamaさんの言葉の選び方好きだなって思いました。

素直な言葉って印象でストレートに言葉が溶けこんで来るというか☆
単純にすごいなとも思いましたo(≧∇≦o)

私…もうずっと良い事なくて。。
自暴自棄までは行ってないんですけどほぼ近い状態で(汗)

だから思い切って連絡しました\(^○^)/
迷惑であればコメント即消してくださいね。

緊張しながらも楽しみにgoanna mamaさんからの連絡待ってます(o^∀^)

Re: ドキドキしながら書き込みしてます!さんへ

放置しっぱなしのブログに久しぶりにコメントをいただき、しかもちょっと褒めてもらちゃったりしてうれしかったです。
今、自暴自棄らしいのですが、そんな風に自然に人を喜ばせてあげられる優しいあなたならきっと大丈夫。笑っていると運が向いてくるよ。がんば!
非公開コメント

プロフィール

goanna mama

Author:goanna mama
心豊かな生活を目指して
Aussie Life 修行中
宝物は家族と友達。
今日もバタバタ
がんばってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ翻訳
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。